遺産相続の手続きを放っておくと

 

遺産相続の手続きを放っておくとどうなる?

 

遺産相続の手続きには期限があるものがいくつかあります。

 

1.相続放棄、限定承認の手続き
相続の開始を知った時から3ヶ月以内

 

2.準確定申告
相続の開始を知った日の翌日から4ヶ月以内

 

3.相続税の申告
相続の開始を知った日の翌日から10ヶ月以内

 

となっていますが、必ずやらなければならない手続きではなく、必要に応じて行います。予貯金や不動産などの名義変更などには手続きの期限はありませんから、亡くなった人の名義のままにしておく人もあります。

 

ところが、相続手続きを放っておくと、問題が発生することもあります。
借金も遺産ですから、上記の2にあたり、借金の返済を迫られることがあります。
遺産の処分ができなくなったり、長期間手続きを放っておくと相続人の間での争いになったりとデメリットの方が多いようです。

遺産相続の相談をする

親が亡くなって、相続手続をしなくてはならない場合、よく聞くのが相続争いです。
相続人同士のトラブルがある場合は弁護士などの法律家に相談したほうがいいのですが、そういったトラブルなどがなく、事務的な手続きをするだけという場合は、自分でも手続きはできます。

 

自分でできるといっても、ある程度の知識が必要となります。必要となる書類や提出先、遺産によっては相続手続きに期限が定められていたり、相続人全ての印鑑や戸籍謄本などが必要となります。

 

そういったことは相続手続きをしたことがない人には分からないし、面倒です。
ざっくり言えば、預貯金であれば、銀行に相談。土地や建物であれば法務局に相談すると所定の書類がもらえますし、説明もしてくれます。

 

しかし、これはかなり面倒ですし初めてという方が一人で行うには無理があるかもしれません。相続人の間で問題が生じていないなら司法書士さんに頼むのが簡単で、費用も安く済みます。

 

それでも自分で行いたいという場合は、自分が住む地域の行政が行う「弁護士などによる無料相談」を利用するのがよいでしょう。まず無料相談でこれから行おうとしている相続手続きの難度を知ることが必要かもしれません。